化粧品メーカーの薬剤師求人特集

化粧品メーカーの薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 化粧品メーカーの福利厚生は?

化粧品メーカーの福利厚生は?

薬剤師の仕事場はドラッグストアや病院、調剤薬局から、製薬会社、治験のCROに至るまでさまざまですが、どこも基本的には福利厚生が充実しているイメージがあります。では、化粧品メーカーで働く薬剤師の福利厚生に関してはどうなのでしょうか?イメージとしては製薬会社に劣らず充実している印象がありますが、実際はどうなのでしょう?転職エージェントなどに集まっている化粧品メーカーの薬剤師求人の福利厚生をチェックしてみたいと思います。

■化粧品メーカーもそれなりに充実している
結論から先に言いますが、化粧品メーカーの福利厚生も充実しています。実際に大手転職エージェントに集まっている求人を見ても、充実している様子が分かります。

・求人例
大手化粧品メーカーの薬剤師求人
勤務時間:フレックスタイム制度(コアタイム 10:00-15:00)
休日:土、日、祝日(年間休日120日前後)
休暇:年末年始(7日)、夏期休暇(3日)、年次有給休暇(初年度4〜11日、次年度11日、最高20日)、病気休暇(初年度1〜5日、次年度以降6日)
福利厚生:健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、退職金制度(確定給付+確定拠出)、育児・介護休職制度

化粧品メーカーもいろいろとありますが、それなりに規模の大きな化粧品メーカーであれば、福利厚生は充実していると考えて間違いはありません。

■実際の福利厚生は応募前にチェック
ただ、上述の企業のように求人票に分かりやすい形で福利厚生を列挙してくれていたとしても、例えば有給休暇の消化率が実際はほとんど0に近いような企業もあるので要注意です。福利厚生に関しては求人票だけでは分からない部分も必ずあるので、まずは転職エージェントなどに登録をして、担当のキャリアコンサルタントに各社の福利厚生について質問をしておくと安心です。入社した後には、思い描いていたイメージと違っていたというミスマッチも防げるようになります。

以上、化粧品メーカーの福利厚生について考えてみましたが、いかがでしたでしょうか?化粧品メーカーは基本的に福利厚生が優れていると語りました。ただ、会社によってもちろん違いはあるので、求人探しのついでに転職エージェントに登録をして、各社の福利厚生の実態まで質問してみるといいです。登録も利用も完全に無料なので、何社かチェックしてみるといいかもしれません。

>>化粧品メーカーの薬剤師求人ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2017 化粧品メーカーの薬剤師求人特集 All Rights Reserved.