化粧品メーカーの薬剤師求人特集

化粧品メーカーの薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 化粧品メーカーの管理薬剤師の求人なら

化粧品メーカーの管理薬剤師の求人なら

薬事法が改正され、化粧品メーカーには管理薬剤師を常駐させ、総括製造販売責任者などを兼務させる必要が出てきました。少し前の話なのでご存じの方も多いと思いますが、薬剤師は女性の多い職業なので、化粧品メーカーに憧れる人も少なくはないと思います。そこで、大手転職エージェントなどに出ている求人情報を参考に、化粧品メーカーでの管理薬剤師の仕事の探し方を考えてみたいと思います。

■化粧品メーカーでの管理薬剤師仕事は、転職エージェントで探す
大まかな結論を最初に言いますが、化粧品メーカーでの管理薬剤師仕事は転職エージェントで探すといいです。その理由は主に2つあり、

1:化粧品メーカーの薬剤師求人数は少ない
2:メーカーによって業務内容がばらばら
という現状があるからです。

1:化粧品メーカーの薬剤師求人数は少ない
薬事法が改正され、化粧品メーカーが管理薬剤師を置かなければいけなくなったといっても、その求人数はドラッグストアや調剤薬局の数と比べると圧倒的に少ないです。大手転職エージェントであったとしても“全国に”30件ほどの求人しか持っていない現状です。そうした少ない求人を自力で見付けようと思ってもかなり厳しいので、転職エージェントなど情報の集まるサービスを利用して一気に求人を探してしまった方が効率的なのです。

■2:メーカーによって業務内容がばらばら
薬事法の改正で、化粧品メーカーは「総括製造販売責任者」や「責任技術者」、「品質保証責任者」を置かなければいけなくなりましたが、化粧品メーカーもなるべく管理コストを下げたいので、薬剤師にいろいろな仕事を兼務させようとします。そのため、どれだけ仕事を任せられるかで、同じ化粧品メーカーの管理薬剤師といっても毎日の業務が変わってくるのです。

先に挙げた総括製造販売責任者の業務は薬剤師でなければできないので間違いなく担当させられますが、責任技術者を任せられたり、品質保証責任者を兼務させられたり、DI業務を担当させられたりと、メーカーによって仕事はばらばらです。自分の希望と業務内容がマッチしていない可能性もあるので、転職支援サービスを利用して事前に調べてもらった方が便利です。

以上、化粧品メーカーの管理薬剤師求人の探し方についてご紹介しました。化粧品メーカーは求人数が少ない上に、管理薬剤師に求める能力もさまざまなので、自力で自分のやりたい仕事を探すとなると大変だと考えられます。化粧品メーカーは狭き門であり、競争倍率も高くなります。対策も万全に行った方が絶対にいいので、その意味でも転職エージェントの利用を検討してみるといいかもしれません。

>>化粧品メーカーの薬剤師求人ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 化粧品メーカーの薬剤師求人特集 All Rights Reserved.